医療訴訟と示談

医療事故が起きた時にどのような対応をするのかはそれぞれの事例で異なるでしょう。
弁護士を雇い、実際に医療訴訟を起こす方はたくさんいます。
特に21世紀になってからは、その数は増えており、医療訴訟は珍しいものではなくなりました。


しかし、医療訴訟にはさまざまな問題があります。
まず、期間がかなりかかってしまいます。
普通の民事訴訟とは異なり、1年以内に終えることはまれで、2年から3年程度の期間がかかることが多いです。
医療訴訟にこれほど時間がかかってしまうと、弁護士費用や実費などが馬鹿にならず、お金がかかってしまいます。
また、裁判の結果に納得できずに控訴するケースもあります。


このように医療訴訟には負担が大きいため、示談で納得しようと考える人も多いです。
病院側にとっては実際に訴訟を起こされるよりも、裁判外で示談という形で決着をつける方が得られるメリットは大きいです。


示談ということは病院側がお金を支払うということです。
病院にとっては、示談にすることによって、問題をすぐに解決して、マスコミに報道させないという考えを持っています。
裁判になってしまうと世間的なイメージがマイナスになってしまうため、受ける影響が大きいのです。
示談を受けるかどうかは本人が決めることです。
どうしても納得できないならば示談を受けることを拒否して、裁判をすることを決断します。


このように医療訴訟には示談が存在しています。
当サイトではこのことについて、もっと詳しく解説します。

Copyright © 2014 医療訴訟は示談で済むもの? All Rights Reserved.